マガジン

2022.12.01
お鍋と日本酒と

体も心もあったまる鍋料理。これからの季節に食卓にのぼることが多いお鍋を、簡単においしくつくることができる鍋の素や鍋料理と合う日本酒のペアリングをご紹介します。

今回、お酒をセレクトしてくれたのは「津田酒店」唎酒師、津田高啓さん。

洋酒、ワイン、焼酎などはもとより 愛媛の地酒にこだわり世界各国の クラフトビールを300種類以上取り揃える松山市木屋町の酒店。 THE CENTRAL MARKETのリカーコーナーのセレクトを手がけている。

津田酒店
住所:愛媛県松山市 木屋町2丁目7-26
営業時間:10:00~22:00 (平日・土曜日) 15:00~20:00 (日曜日)
TEL:089-926-6662

01. 塩ホルモン鍋 ✖️ 日本酒

シンプルであっさりおいしい、塩味のホルモン鍋。牛ホルモンの脂の甘みが野菜に染みわたるので、野菜がもりもり食べられます。火の入れすぎはホルモンが小さくなってしまうので要注意!程よい頃合いでお召し上がりください。また、スープにも牛ホルモンの 旨みがたっぷり溶け込むので、〆の麺もおすすめ。柚子胡椒を加えたり、胡麻やラー油 をプラスして味変を楽しむもよし。

\塩ホルモン鍋に合う日本酒はコレ!/
〈濃醇旨口〉協和酒造 / 初雪盃夏越し酒[月光]

720ml / 1,650円

秋~冬にかけて限定販売される純米吟醸酒。春先に搾られた新酒は暑い夏を越すことで、まろやかな米の旨みが引き立ち、香り、味のバランスが絶妙です 。瓶の中で熟成するため、とろみのある口当たりと丸みのあるやわらかな味わいが、牛ホルモンの旨み、甘みにマッチします。冷酒がおすすめ。

02.旨辛トマト鍋 ✖️ 日本酒

水炊きやしゃぶしゃぶなどあっさり風味に飽きてきた頃、ぜひお 試しいただきたい旨辛トマト鍋。旨みとマイルドな辛さのあるチゲ 鍋の素とトマトピューレをミックスすることで、お酒にも合うコクのある鍋に仕上がります。具材はポトフのように豚バラ肉やソーセージ、キャベツ、にんじん、玉ねぎなどを入れてもOK。〆はチーズを入れて、パスタやリゾットなどにもマッチします。

\旨辛トマト鍋に合う日本酒はコレ!/
〈芳醇旨口〉 成龍酒造 / Kagiya Seven7

720ml / 1,386円 

「賀儀屋」でおなじみの成龍酒造さんより、K-7酵母という通常のラインナップでは使用していない酵母で醸したシリーズ。 旨みと後キレの良い酸味が、ソーセージや肉料理などとも相性が良く、辛旨いチゲ風味の鍋つゆの後にも口がさっぱり。あえてワイングラスで香りと旨 みを楽しむのもおすすめです!

03. おでん ✖️ 日本酒

たくさんの具材がたっぷり食べられる、あったかおでん。おいしくつくるには、下ごしらえと出汁の準備が必要不可欠ですが、手軽に時短でつくるにはおでんつゆ や下茹でができた具材キットを利用するのも手。大きめの鍋でつゆをたっぷりとつくり、煮えにくい具材から弱火でコトコト煮込みましょう。練り物の旨みも取り入れたいところですが、煮詰めすぎないのもポイントです。 

\おでんに合う日本酒はコレ!/
〈芳醇旨口〉 武田酒造 / 日本心 特別純米蒲(がま)

720ml/1,320円

醤油ベースのおでんダシに合う、武田酒造さんの「日本心 (やまとごころ)」。愛媛県産の酒米、松山三井を使用した特別純米酒です。どっしりした飲み口、濃く深い米の旨みは塩味のある料理を引き立たせ合い、相性が抜群。冷酒から始めて、40~45度のぬる燗でいただくのがおすすめです。 

    • 3-1-1 B1F Ichibancho, Matsuyama-City,
      Ehime, 790-8532
    • MAIL info@tcm.fun